官能現代人肉小説「食材として貪り食われる美女達」


更新日:2017年3月12日
当サイトでは、人肉料理の表現があるアダルト向け官能猟奇現代小説を公開しております。極上の容貌肢体を持つ美女達が、激しい陵辱の末に様々な調理法によって料理され、貪り食われる様をご堪能下さい。  
なお、当サイトでは児童ポルノに関するコンテンツは一切扱っておりません。また、サイトで扱っている情報はすべて妄想の世界に関するものであり、実話ではございません。
 人食い達の宴 (平成25年11月17日更新)

■バイオレンス、裏組織、人肉売買、獣姦を扱った官能小説

 ◇ 姉妹サイト

『魔界(女子高生編)』
 
女子高の芸能コース
に通う生徒達が、部活で合宿に向かった先は、魔界への入り口であった。次々と陵辱され、あげくは食材として調理され食されていく生徒達。彼女達に救いはあるのだろうか。山奥のペンションで繰り広げられる惨劇の末に彼女達を待っているものは・・・。若くて美しい女達の人肉料理は、究極の美味なのか?本文へ 

続きへ

『人食いチンパンジー』

四人のトップグラビアアイドルが、東アフリカ、タンザニアのジャングル奥深くへとグラビア撮影に向かう。彼女達を待ち受けていたものは、前人未到のジャングルと人食いチンパンジーの群れであった。凶暴な野生のチンパンジーに犯され、生きたまま貪り喰われる美女達。 本文へ  


続きへ

人肉食の表現があるカニバリズム官能小説集『暗黒文庫』

『食人学園』 

近未来の日本。アジア征服を目論む中国との核戦争により、東京都内にあるX学園の生徒達は、学校の地下に造られたシェルターに閉じ込められる。
 学内では、生徒達による食糧や美少女をめぐって、権力闘争が繰り広げられる。 
凶暴な性格の総番長達により、狩集められる美少女達や美人教師達。彼女達は、激しい陵辱の末に、食糧として……本文へ
続きへ

『魔界(若妻編)』

格安の国内新婚ツアー。それは美しい容貌肢体を持ち、瑞々しくかつ成熟した若妻達の柔肉を狙う巧みな陥穽であった。外部から隔絶された陸の孤島で、若妻達の肉体を食材とした人肉料理の宴会が繰り広げられる。若くて美しい人妻ゆかりは、夫の前で激しい陵辱を受け、最後には、最高の食材として調理され・・・。
本文へ

続きへ

『家畜』 

ノンフィクション作家である加納圭吾は、中国奥地に存在すると言われる人肉売買組織を取材中に行方不明となる。一方、圭吾の弟である一也は、北海道日高町の山奥に人間牧場を作り、誘拐した美女達を食肉用に飼育する。拉致され、性交奴隷及び食糧として飼育され売りさばかれる女達。果物と野菜だけで飼育された美女達の柔肉を使った人肉料理。究極のエロスとカニバリズム。本文へ
続きへ

『魔界(OL編)』

若くて美しい3人のOL達が、同僚の男に連れて行かれた社内旅行の宿泊先は、魔界への入り口であった。巧妙な手口によって、3人は欺かれ、暫しのバカンスを楽しむ。裏では、魔界の住人達が、彼女達を神々への生贄とするために祭りの準備を入念に進めていた。激しい陵辱の末に、生贄として・・・。人身御供として供される美女達の人肉料理。本文へ
続きへ

『高利貸し』


 借金返済ができず、大勢の老人達を相手とした売春を強いられ、最後には食材として調理され、彼らに貪り食われる若く美しいOLの運命。カニバリズム(人肉嗜食)官能小説。本文へ





続きへ

『鬼女』 

人目を惹きつける美貌を持ち、女の細腕で大型トラックを自在に操る謎の美女 加納 理沙。理沙には、暗い秘密があった。若く美しい女を浚い、したい放題に陵辱した後、最後には・・・。女が女を犯し、貪り喰らう究極のレズビアンSM官能人肉料理小説。本文へ



続きへ

『隠れ里』

樹海の奥深く、人知れずその村は存在した。数百年の長きに渡り延々と続けられる人肉食の儀式。死を求め、樹海を彷徨歩く、若くて美しい女達。彼女達を待っていたのは、死ぬことより苦しい生き地獄であった。人肉料理の食材として、美女達は次々に・・・。 本文へ


続きへ

『オーロラ』

温暖化の影響で、環境破壊が進むアラスカの大地。あるエスキモーの村も大きな被害を受け、住民達の多くが都心部に移住を余儀なくされている。そんな中で、一部の村人だけが、移住を拒み独自の生活を始めようとしていた。絶対的な食糧不足の中、黄金と肉欲にとりつかれた男女の絶望を描いている。観光でその地を訪れた美女達を拉致し、激しい陵辱を加えた後に食材として調理する。狂気の中、人肉料理の饗宴が繰り広げられる。本文へ
続きへ
 

『ブラックムーン』


完全武装した銀行強盗団が狙うものは、莫大な現金と美女の柔肉。凶悪無比な犯罪者達は、銀行員やその場に居合わせた客達の中から、飛び切りの美女を誘拐し、嬲り抜いた後に人肉料理の食材として調理し貪り喰らう。エロティック&バイオレンスなカニバリズム官能人肉小説。本文へ

続きへ

『蟻地獄』

巨額の現金と、極上の美女を強奪する凶悪な銀行強盗団のメンバーであった女戦士のアリサは、警察からの追及を逃れ、若く美しい女達を人質として北海道の山中に潜伏する。人質達をありとあらゆる方法で凌辱し、最後には食材として調理して貪り食らう。『ブラック・ムーン』の番外編。食人鬼と化したアリサは、美女達に激しい陵辱を加え、最後には、美女達の柔肉を調理し、極上の人肉料理を堪能する。本文へ
続きへ
 

『女子寮』 


閉ざされた女子寮という世界で繰り広げられる官能的で淫靡な同性愛とカニバリズムを描いた「女子寮」を公開。女が女に性的虐待を加え、最後には調理して貪り喰らうレズSM官能人肉料理小説。本文へ




続きへ

『サイレントムーン』


片桐夫婦と従業員の恵理は、趣味で始めた会員制カニバリズム系サイトによって安定的な収入を得ていた。ある日、1本の電話によって、彼らの平穏な暮らしが根底から覆される。片桐夫婦は、人肉売買組織から逃れるために、兄の片桐譲とともに流浪の旅に出る。次々に人肉料理の食材として屠殺される美女達。官能的で過激なカニバリズム描写あり。本文へ

続きへ
 

『シャドウムーン』

ふとしたきっかけでで知り合った女を、暴力団から助け出すべく立ち上がったサラリーマンの戦い。性交奴隷に落とされ、薬をうたれ、獣のように犯される若くて美しい女。最後には人肉料理の食材として調理される。人肉食の嵐が吹き荒れる。本文へ



続きへ

『世界大食い大会(モンスター編)』
 太平洋に浮かぶ絶海の孤島で、世にも残酷でエロティックな大食い大会が繰り広げられる。出場者は、オーグル族のアレフ、狼男のピータそして美女を生きたまま丸呑みにする怪女アナコンダというモンスター達であった。食材は若くて美しく極上のプロポーションを持つ女達。果たして、奴らは何人の美女を喰い尽すことができるのだろうか。本文へ 


続きへ
 

当サイトについてのご質問、ご意見等は作者:大黒 達也 までメールにてお送り下さい。
Email:vup7777@nyc.odn.ne.jp

(c)1993-2017 T.Ohgro all rights reserved.

当サイトにおける小説その他の文章等の著作権は当サイトの管理者である大黒達也にあります。

 
inserted by FC2 system